ソーシャルレンディングの評判|現状ではトラストレンディングでの投資額が最も多くなっている

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディング(※)のトラストレンディングで2016年9月から投資を始めています。

(※)ソーシャルレンディングの説明については、以下記事をご参照ください。

⇒ ソーシャルレンディングで高利回り追及

なお、トラストレンディングの主な特徴は次のような点になります。

①利回りが高め(平均利回りは9~10%程度)

②全案件に、不動産もしくは債権の担保をつけている

③貸金業者としての運営ノウハウがある(会社としての運営実績は10年以上)

④非上場会社だが、決算状況を公開している。ソーシャルレンディング事業者は、現状まだ赤字の事業者が多いと見られるが、その中で黒字を維持している。

スポンサーリンク

トラストレンディングでの投資・運用状況

トラストレンディングでの投資は、現状5本のファンドに投資して投資額は300万円となっています。

内、1本のファンド(44号)は運用準備中なので、現状運用中のファンドは4本で200万円となりますが、これまでに貸し倒れ・返済遅延等は発生していません。

トラストレンディング投資履歴

分配金(配当)については、2016年11月から2017年1月まで3回の支払いがあり、いずれも遅延なく支払われています。

なお、これまでに支払いを受けた配当累計は32,386円となっています。

トラストレンディング口座情報

トラストレンディングでの投資額が多くなっている理由

上述したように、トラストレンディングでの投資額は現状で300万円となっています。

現状、複数のソーシャルレンディングの会社で口座開設して投資実行しているのですが、トラストレンディングでの投資額は最も多くなっています。

同社での投資額が最も多くなっている理由としては、以下のような点が挙げられます。

①利回りが高い

これまでトラストレンディングで投資したファンドの利回りは10~12%になります。

この水準は、ソーシャルレンディングの中ではけっこう高い方だと思います。

ただ、今年に入ってから利回りがやや下がり、最近のファンドでは、9%の利回りで募集しています。

利回りが低下したのは、トラストレンディングの営業者報酬が上がった事に起因しています。

同社の営業者報酬は、以前は1%だったのですが、最近のファンドでは2%となっています。

【 (以前) 2016年12月1日 募集開始の案件概要 】

トラストレンディング募集案件の概要

【 (最近) 2017年1月26日 募集開始の案件概要 】

トラストレンディング募集案件の概要

以前はファンドの募集開始から終了までけっこう時間がかかっていたのですが、最近のファンド募集では開始から数分で完売となるケースが殆どとなっています。

トラストレンディングで高利回りのキャンペーン案件に追加投資したが、募集開始後、即終了となる

ここにきて営業者報酬を上げてきたのは、投資家からの人気が出てきたので、利回りを下げても資金を集める事ができるという自信の現れではないかと予想されます。

なお、利回りが下がったとは言え、9%という利回りは、水準としては依然として高い方にある、と言えると思います。

②貸金業者としての運営ノウハウがある

ソーシャルレンディングは、基本的には貸金なので、万が一借り手側が返済に窮した場合、いかにして貸金を回収できるのかが問われることになります。

資金の出し手である投資家側からすると、借り手側の返済が滞った場合に、貸金を回収(債権回収)できる能力を持った事業者の方が信頼できる、という事になります。

その点でいうと、トラストレンディングの運営会社であるトラストファイナンスは、ノンバンクとして11年以上会社を運営してきた実績を持ちますので、貸金業者としての運営ノウハウを有しているという強みがあると思います。

③ソーシャルレンディング事業者としてのスタンスに納得できる部分がある

以下の点はトラストファイナンスに直接連絡して確認した点になるのですが、同社では次のようなスタンスでソーシャルレンディング事業を行っている、とのことでした。

1)各案件において担保を徴求しているものの、当該担保を換価(売却)しなくても借入人の属性などにおいて、返済可能かどうかで貸し付けを判断している。

2)会社としてはソーシャルレンディング事業以外の事業で十分成り立っているので、無理に同事業の貸し付け残高を増やそうとは考えていない。

本来ならば、貸し付けを躊躇するような事業者にまで無理に貸し付けはしない、ということ)

3)以下のような経験や実績をベースに、与信能力(貸し付けの可否を判断する能力)やノウハウについては自信をもって事業に取り組んでいる。

①事業者金融を長年行ってきた経験がある。

②銀行など様々な債権を買い取りして回収してきた実績がある。

また、同社は非上場会社なので、決算状況を開示する必要はないのですが、財務等の推移を公開しています。

%e9%81%8b%e5%96%b6%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%ae%e8%b2%a1%e5%8b%99%e6%83%85%e5%a0%b1

以上のような会社としてのスタンスには納得できる部分があります。

また、わざわざ年賀状を送ってくる等、会社として丁寧な印象を受けるので、個人的にはこの会社の信頼度は高いと思っています。

トラストレンディングでは口座開設キャンペーンを期間限定で実施中

現状、口座開設キャンペーンを実施しているソーシャルレンディング事業者は、あまり多くないのですが、トラストレンディングでは、次のように2段階に分けたキャンペーンを期間限定で実施しています。

(この会社以外でキャンペーンを実施している事業者は、みんなのクレジットぐらいではないかと思われます)

このようなキャンペーンは延長されるケースが多いのですが、以前と違い、トラストレンディングの口座開設数はかなり増えてきていると思われるので、恐らくこのようなキャンペーンは以下の期間限りで、延長はされないと予想されます。

特典1 新規会員登録+メルマガ登録で1,500円をキャッシュバック

特典2 特典1をクリアした投資家が、新規に投資実行10万円を行った場合、3,500円をキャッシュバック

キャンペーン実施期間 : 2016年6月30日(木曜日)午後5時00分 から 2017年6月30日(金曜日)午後5時00分まで

%e7%89%b9%e5%85%b8

※トラストレンディングでの口座開設方法などについては、以下の記事をご参照ください。

⇒  「ソーシャルレンディングのトラストレンディングで口座開設・投資実行してみた

※トラストレンディングの詳細については、以下をご参照ください。

ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする