現物株式の手数料が安い証券会社は?

3/21の記事「日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?」で、

「 仮にショート(空売り)を仕掛ける事を考えた場合、その手段としては、概ね以下のいずれかになるかと思われます。

①日経225プットオプションを買う

②信用売りをする

③日経平均先物を売る 」

という事を書いたのですが、よく考えたら、次の一つが抜けていたので、追加します。

④ベア型のETFを買う



ベア型のETFの種類

ベア型のETFは下がったら利益が出るタイプのETFになるのですが、日経平均連動のものとしては、おおむね以下のようなものが上場されています。

この中で、NO.1~4は、日経平均の2倍の値動きを目指すもので、NO.5~7は1倍の値動きを目指すものになります。

参考までに、先週金曜日に日経平均が594円下落した際の騰落率と売買代金を表にしてみました。

これをみますと、商いは、1倍タイプより2倍タイプの方が多くなっており、値動きが大きいものが人気という感じになっております。

no. 銘柄コード 銘柄名 4/1騰落率 4/1売買代金(百万円)
1 1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 6.85% 29,544
2 1360 日経平均ベア2倍上場投信 7.20% 10,747
3 1459 楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型 7.19% 2,142
4 1366 ダイワ上場投信-日経平均ダブルインバース・インデックス 7.27% 2,098
5 1571 NEXT FUNDS日経平均インバース・インデックス連動型上場投信 3.64% 1,719
6 1580 日経平均ベア上場投信 3.42% 200
7 1456 ダイワ上場投信-日経平均インバース・インデックス 3.66% 138

株式の売買手数料が有利な証券会社は?

ベア型のETFを買えば、信用売りのように金利はかからず、かかるのは通常の売買手数料のみとなります。

上記の3/21の記事では、日経平均先物の証拠金や手数料が有利な証券会社について比較したので、以下では株式の売買手数料が有利な証券会社について比較してみました。

下表は、約定代金別の証券会社の手数料の比較になります。(赤字部分が最も手数料が安いところ)

(単位 : 円、税抜き)

証券会社 プラン名称 ~10万円 ~20万円 ~50万円 ~100万円 ~150万円 ~3000万円 3000万円超
ライブスター証券 一律プラン 80 97 180 340 400 600~800 800
GMOクリック証券 1約定ごとプラン 88 98 241 436 528 834 889
安藤証券  ― 100 100 300 500 600 900 900
SBI証券 スタンダードプラン 139 185 272 487 582 921 973
楽天証券 超割コース 139 185 272 487 582 921 973
カブドットコム証券 90 180 250 990 1890 3,690 3,690
マネックス証券 取引毎手数料コース 100 180 250~450 1,000 ~1,500 ~30,000 30,000~
松井証券  ― 0 300 300~500 1,000 2,000 ~30,000 30,000~

(注1)この表は、1注文の約定代金毎にかかる手数料の比較になります。

(注2)約定代金がいくらまでの場合、手数料がいくらという決め方をしている証券会社が多いのですが、マネックス証券は、約定代金が50万円を超えると、成行注文と指値注文、パソコンからの注文と携帯電話からの注文で、それぞれ手数料の金額を変えています。上の表ではパソコンから成り行き注文で約定した場合の手数料を記載しています。

(注3)「楽天証券」の手数料は、2016年5月2日から新規で開始される超割コースの新手数料になります。超割コースでは1%のポイントバックもあります。これで楽天証券の手数料は、「 SBI証券 」の手数料に並ぶという事になります。

 なお、SBI証券も1%のポイントバックを2016年4月1日から開始しているので、SBI証券と楽天証券の手数料は条件的にはほぼ同じという事になるかと思われます。

株式の売買手数料が有利な会社は、ライブスター証券、GMOクリック証券

上記で見てますと、約定代金が10万円までの場合、最も手数料が安い証券会社は「松井証券」になります。

しかし、「松井証券」の場合、約定代金が10万円を超えると手数料は高くなるので、結局割高になると思われます。

約定代金が10万円超えの手数料でみますと、手数料が最も安い証券会社は「ライブスター証券」で、次点が「GMOクリック証券」となっています。

従って、手数料の安さという面で証券会社を選ぶとすると、SBI証券や楽天証券といったネット証券大手ではなく、ライブスター証券か、GMOクリック証券がベストという事になります。

なお、「ライブスター証券」と「GMOクリック証券」は、日経平均先物の手数料も安い会社(※)になりますので、手数料面では優れた証券会社になるという事が言えると思います。

(※)3/21の記事「日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?」をご参照。

◆ライブスター証券の詳細につきましては、以下をご参照ください。

⇒ ライブスター証券

◆GMOクリック証券の詳細につきましては、以下をご参照ください。

⇒ GMOクリック証券

なお、GMOクリック証券では、証券取引口座を開設した場合、口座開設月を含め最大3カ月間、現物取引手数料を無料というキャンペーンを開催しています。

手数料 業界最安値水準

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする