相場シナリオのマイナーチェンジを考える必要性も出てきた?

本日、日経平均は73円高。これで3日続伸。

本日の日中高値は14713円なので、3/17の14203からの戻り高値14663(3/19)を抜いてきました。

20140328.gif

今日の動きを受けて、基本的な大局観(16320(12/30)から修正波が進行中)は変化ないのですが、これまで想定してきたシナリオを多少マイナーチェンジする可能性を考える目も出てきたのではないかと考えております。

なお、これまで想定してきたシナリオは、3/24に書きました。

今考えているシナリオを整理すると次の通りになります。

①16320(12/30)から、a―b-c調整をやっており、その中の「c波」の中にいる。

②「c波」は15312(3/7)からスタートしており、「c波」も細分化すると1-2-3-4-5の5段階の構成で下げる形になるとみている。

③c波は以下の通りカウントしており、現在はc波―2の中にいる。

c波―1 = 15312(3/7) ⇒ 14203(3/17)

c波―2 = 14203(3/17)⇒  現在進行中

以上が今考えているメインシナリオ。

c波―2は14663(3/19)で頭を打ち、14203(3/17)をそこからあまり時間をかけずに抜いてきて、c波の3の下げに入る、と考えていました。

ところが、本日14663(3/19)を抜けてきてしまいました。

となると、c波の動きは単純に右肩下がりで下げる形態ではない可能性が出てきたという事になります。

どういう事かといいますと、単純に右肩下がりで下げる形態の場合、「 下がる期間 > 戻りで上がる期間 」となるケースが多くなります。(そうではないケースもあります。一般論としてという事です)

15312(3/7) ⇒ 14203(3/17)までの下げの期間が両端入れで7日なので、単純に右肩下がりで下げる形態の場合、3/17からの戻りは7日よりも少なくなければなりません。

しかし、本日3/17の14203からの戻り高値14663(3/19)を抜いてきた事で、3/17からの戻りは9日目になり、「 下がる期間 > 戻りで上がる期間 」ではなくなりました。

少し長くなりましたが、以上のような点から、マイナーチェンジする可能性を考える目も出てきたかなと思った次第です。

では、マイナーチェンジする場合、シナリオをどう書き換えるのかという事なのですが、これは、今の段階ではわからないというのが正直なところで、もう少し経過を観察しないと何とも言えません。

もしかすると、昨年の5/23 ⇒ 10/8までに見られたような比較的長い期間の保ち合いトレンドにこれから発展するのかもしれません。

あるいは、以上のような点は杞憂で、当初のシナリオ通り、下げるパターンで行くのかもしれません。

この点ばかりは、自分独自の思い込みだけで決めつけるのは危険なので、相場の進み具合を見ながら、判断していくしかないと思っております。

ただ、今日は色々とごちゃごちゃと書きましたが、マイナーチェンジする場合にしても、そうではない場合にしても、いずれにしろ、上昇波には転じておらず修正波の中にいるという見方は共通です。

違うのは、どの辺で買い場が来るのかというタイミングと株価水準の問題になるかと思います。

今のシナリオで行くと、タイミングとしては4月ぐらいで、株価水準としては12,500~13,000円ぐらいかと思っているのですが、保ち合いパターンに入ってしまうと買い場はまだ暫く先で、株価水準もそこまでさがらない、という事になります。

動向を見守る所かと思います。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする