短期は弱気で、中期は強気

日経平均は86円高と小幅反発。

ここからやっと第1回目のリバウンド入りとなるのでしょうか。

まずは14200円(※1)~14300円(※2)あたりを目指す感じかと思います。

(※1)直近のマド空け部分

(※2)15164(4/3)から13885(4/11)までの下落幅▲1279円の1/3戻し部分

20140415.gif

なお、昨日も書いたように、

昨年末の高値16320(12/30)から修正波が進行している過程にあり、修正波はa-b-cの所謂2段下げの形態になる。そして、現在はその下げの最終局面にある

というのが基本認識です。

a波   = 16320(12/30) ⇒ 13995(2/5)

b-1波 = 13995(2/5)  ⇒ 15312(3/7)

b-2波 = 15312(3/7)  ⇒ 14203(3/17)

b-3波 = 14203(3/17) ⇒ 15164(4/3)

c波   = 15164(4/3)  ⇒ 現在進行中

したがって、c波の下げが完了すれば修正波が終わり、以降は上昇波動に転換し、昨年末の高値16320(12/30)を抜いてくるとみています。

よって、「短期は弱気で、中期は強気」というのが基本スタンスです。

どうもこのブログを開設してから、「下方向を目指す」とか「戻り売り」などというコメントばかりずっと書いてきているので、「こいつは典型的な弱気派なのではないか」と思われる方もいるかもしれないのですが、そんなことはないです。

市場分析をしてみて、「明らかに今は買い場ではない」と思われるので、ずっとそのような主張を続けているのです。

大局的には「強気」です。

今は、次の上昇相場に移行する前の準備段階にあり、その準備を進めるために調整局面を迎えている、というのが基本認識です。

それは、ブログ開設初日に書いたコメントを見てもわかるかと思います。

よって、必要以上に弱気になる必要はないと思われます。

ただし。

4/13のコメントでも書いたように、ここからの下げは意外と下げ幅が広がる可能性もあるので、用心しておいた方がよいと思われます。

よって、もしもある程度戻るような機会があれば、下げの最終局面に備えて手持ちのポジションを軽くしておく、という考え方もあるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする