日経平均は大きく反発していますが……

日経平均は、NY株の続伸や円安傾向などを受けて、420円高と大きく反発。

本日の上げで直近で空けていたマドも埋めてきており、直近の下げに対する戻りの状況は以下の通りとなっています。

15164(4/3) ⇒ 13885(4/11) 下落幅▲1279円/日柄7日(両端入れ)

13885(4/11)⇒ 14420(4/16) 上昇幅+535円(戻り率41.8%)/日柄4日(両端入れ)

20140415.gif

日経平均はほぼ引け値高で、日足は「大陽線」の形となっており、チャート的には強気の形状。

あるサイトでは「大陽線で底打ち転換ムード広がる」というコメントも出ていました。

確かにこの動きだけを見ると、底入れしたのか等と思えたりするのですが、売買代金は前日から3500億円程度増加しているものの、1兆9247億円と2兆円割れ。

また、今年に入ってから調整局面にあるのですが、その中においても日経平均が400円以上上がったのが、これまでに既に3回もあります。

①1/29 404円高

②2/18 450円高

③2/21 416円高

上記①~③の中で、①1/29のチャート形状などは、マドを空けて寄り付いて「大陽線」の形を作っているので、冒頭の論理(大陽線で底打ち転換ムード広がる)に従えば、それで底打ちとなったのでしょうが、結果はご存知の通り、その後4日間で急落し、13995(2/5)の安値をつけております。

上記②、③も13995(2/5)から15312(3/7)までの戻り高値をつける過程で出たものになるのですが、結局その後に13995(2/5)の安値を割ってきているので、この時も400円以上の上げが出たにも関わらず、底打ちという流れにはなっていません。

したがって、この値幅の動き、あるいはチャートの形状だけをみて底入れしたと見るのは、ちょっと早計ではないかと思います。

(4/3)からの動きが、通常の右肩下がりのパターンで行くとしたならば、あと2~3日の戻りはあるかもしれません。

が、スタンスは従来通り戻り売りで変更なしです。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする