日経平均の底打ちは6月?

昨日のナスダックは、一時60ポイント程度マイナスとなる局面もありましたが、引けにかけて戻し、最終的には▲1ポイントとほぼ変わらずで引けました。

日足的には下ひげが長い形となっているので、下に行くというよりは、これから戻り方向を試しそうな感じです。

20140429.gif

ドル円も102円割れから円安方向にやや戻るような感じでもあるので、日本株も戻り方向となるのかもしれません。

なお、現状日本株は、16320(12/30)から修正波が進行している(上昇波動には転換していない)という見方をしています。

その修正波の動きとして、4/22の記事でも書いているように、2つの見方をしています。

<修正前>

a波   = 16320(12/30) ⇒ 13995(2/5)

b-1波 = 13995(2/5)  ⇒ 15312(3/7)

b-2波 = 15312(3/7)  ⇒ 14203(3/17) b-3波 = 14203(3/17) ⇒ 15164(4/3)

c波   = 15164(4/3)  ⇒ 現在進行中

<修正後(※)>

a波   = 16320(12/30) ⇒ 13995(2/5)

b-1波 = 13995(2/5)  ⇒ 15312(3/7)

b-2波 = 15312(3/7)  ⇒ 13885(4/11)

b-3波 = 13885(4/11) ⇒ 現在進行中

現状は修正前の見方を支持しているのですが、このパターンだとこれから下落波動が再開し、間もなく前回安値13885(4/11)を割れてくるという事になります。

20140428.gif

一方で修正後のものは、13885(4/11)からの戻りがまだしばらく継続し、その戻りが終わった段階で修正波の最終的な下げ波動になるc波の下げがある、というものになります。

よって、修正後のものの場合、13885(4/11)はすぐには割れないという形になります。

先週から今週にかけて、修正前と修正後、どちらの方向に行くのか、見極めが難しかったのですが、昨日のナスダックとドル円の動きからすると、なんとなく修正後のパターンで行く可能性が高まってきたのではないかという感じがします。

修正後のパターンで行くとした場合は、これからまた戻り方向に入るので、日経平均で15,000円ぐらいまでの戻りがあるかもしれません

戻り方向が続く時期としては、5/12~16あたりでしょうか。

その戻りでb-3波の戻りが終了し、それ以降はc波の最終的な下げに入る。c波の下げが完了した段階で16320(12/30)からの調整局面が終了し、以降は上昇波動に転換する。

以上が修正後のパターンの想定になります。

この場合の日経平均の底打ち時期の想定は、4/20の記事でも書いたように、2014年6月の半ばあたりをターゲットとして考えています。

一方、その場合の日経平均の下値メドは、4/12の記事でも書いたように、12,500~13,000円あたり(場合によっては下振れの可能性もあり)をターゲットとして考えています。

直近の戻り高値14649(4/21)を越えてくると、修正後のパターンがメインシナリオになってくると現時点では考えております。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする