週末の日銀会合まで大きな動きは出てこないような感じ

今日の日経平均は、+125円の18903円と反発。

売買代金は、昨日と同程度の2.1兆円台でした。

本日は上昇してスタートし、寄り直後に18925円の高値をつけました。

その後は上にはいけない動きとなったのですが、終始高い水準で推移し、125円高でのクローズとなりました。

スポンサーリンク

週末の日銀会合がどうなるかは、やはり一つの大きなポイント

20151028

今週は日米で重要イベントがあり、まずその第一弾として今晩FOMCの結果が明らかになります。

ただ、今月は利上げ見送りになると思いますので、今週のイベントでポイントになるのはやはりFOMCではなく、今週末の日銀会合になると思います。

なお、日経平均は16901(9/29)の安値以降、戻り地合いにあり、その後の戻り高値として19088(10/26)をつけるところまで上げてきているのですが、その背景には、日銀が10月末の会合で追加緩和を仕掛けてくるのではないかという期待感があると思います。

仮にここで追加緩和実施となった場合、上記の戻り高値を抜いて2万円方向に向かうという動きになると思いますが、逆に現状維持となった場合に、果たしてそこで市場がどう動いてくるのかは一つの大きなポイントになると思います。

現状維持となった場合でも、ここまで続いてきた戻り地合いが、その後も継続するかどうかは不透明です。

個人的にはここで追加緩和はないと見ているので、現時点においては、16901(9/29)の安値からのリバウンドは今週まで続いているのですが、日銀の追加緩和が見送りになった段階でこの流れは転機を迎えて再び16901(9/29)の安値を試す方向に変化する、というシナリオを一応想定しています。

ただ、ここで書いたのはあくまでも想定でのシナリオという事になりますので、実際の会合の結果がどう出て、そしてそれを受けてマーケットがどう反応してくるのかは特に注意して見ておくポイントになるのではないかと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする