NYダウの一人勝ちはいつまで続くのでしょうか

先週、NYダウは続伸し、引け値ベースで最高値を更新してきました。

NYダウは高値圏にあるのですが、それに対して、他の指数は直近の高値よりだいぶ下の方にあります。

主要指標の直近で高値をつけた時期を見ると、次の通りになっています。

日経平均:2013年12月30日

為替(ドル円):2013年12月30日

ナスダック:2014年3月6日

日経平均とドル円が同時期に高値をつけて、その後、ナスダックが高値をつけ、調整局面入りとなっています。

これらの主要指標は、昨年までは比較的同じような方向性で動いてきましたが、今年に入ってからは歪みが見られ、いびつな構造になっています。

いうなれば、NYダウの一人勝ちという状況にあるのですが、このいびつな状態はまだ継続するのでしょうか。

ただ、NYダウの動きをみると、高値を継続してとってはきているものの、16、600~16,700ドルあたりで上げづまる傾向が見られます。

20140511ny

昨年の高値16588(2013.12.31)を4月に一度抜いてきましたが、そこからわずか50ドル程度高い、16631(2014.4.4)で上げどまり、反落しています。

これでダブルトップのパターンかと思ったのですが、16015(2014.4.11)まで下げた後、切り返して、再度ザラ場ベースの高値をうかがう位置にいます。

が、このパターンは、エリオット波動でいうところのダイアゴナルトライアングル(斜行三角形)をやっているようにも見えます。

ダイアゴナルトライアングルとは、5つの波動から成る楔形の三角形で、通常、最後の波動に現れるパターンになります。

この5つの波は、次の通り、カウントできるのではないかと思われます。

1波:14719(2013.10.9) ⇒ 16588(2013.12.31)  値幅=+1869 日柄=58日(両端入れ)

2波:16588(2013.12.31) ⇒ 15340(2014.2.5)   値幅=▲1248 日柄=25日

3波:15340(2014.2.5) ⇒ 16631(2014.4.4)    値幅=+1291 日柄=42日

4波:16631(2014.4.4) ⇒ 16015(2014.4.11)   値幅=▲616  日柄=6日

5波:16015(2014.4.11)⇒ 現在進行中

4波の下げ幅がやや足りないような感じもするのですが、仮にこの見方が正しいとした場合、5波が終了した段階で急落という事になります。

NYダウが引き続き高値をとってきたとしても、16700ドル辺りで頭打ちとなり、また上げづまるようであれば、このパターンが濃厚になるのではないかと思われます。

現状、最後の5波目をやっているという認識です。

いつまでもこの5波目が続くという事はないので、いずれ決着がつく所まであと僅かの所まで来ており、5月中にはこの決着はつくのではないかと見ています。

この面からみても、5月相場は要注意かと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする