取りあえず、戻り方向について行くスタンス

日経平均は10円高の14681円で引け。

小幅高ながらも、これで6日連続高。

マザーズも+2.46%と続伸し、こちらに至っては8日連続での上昇となりました。

昨日のNYが安かった事や、やや円高が進んだ事から、さすがに本日は安くなるかと思いました。

しかし、日中100円程度安くなる場面はあったものの、その後は切り返し、最終的には小幅高で引けています。

20140529.gif

なお、東証が引けた後で、円が一時101円50銭を下回るなど、更にやや円高方向にふれる動きも見られました。

それを受けて夜間の日経平均先物で、一時安くなる動きも見られたのですが、下げ幅は現状で最大▲60円程度にとどまっており、大きく売られているという訳ではありません。

これらの点からすると、現在の地合いは弱い訳ではない、という感じがします。

しかし、売買代金は、前日比▲1,625億円の1兆6,273億円と、相変わらず盛り上がりに欠ける状況です。

来月まとめる成長戦略に対する期待感もあって、売りがでづらい状況にある一方で、積極的に買えるような材料も出ているわけではないので、腰が入った買いも入ってこない。

でも、特に大きな売りが出てくるわけではないので、多少の買いでも戻り方向へ動ている、というのが実態ではないかと思われます。

ただ、このような環境下においても、売りがあまり出てこなければ、真空状態の中をスルスル上げていくケースもありますので、取りあえず、ついていける所までついて行くというスタンスで良いのではないかと思っています。

なお、これまでに何度か書いてきていますが、一応、現時点では5/21の安値から1か月程度、戻り方向の地合いが続くのではないかとみています。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする