さすがにそろそろ一服する可能性もあるか

日経平均は98円高。

マザーズに至っては本日も+2.54%上昇で、11連騰となりました。

これで記録更新でしょうか。

20140603M

日経平均の本日の日中高値は15091円なので、13964(5/21)の安値から戻り値幅はこれで1,127円になりました。

戻り日柄は10日(両端入れ)で、値幅は1,127円なので、ペースとしてはかなりいいペースで上げてきています。

一見すると強そうな展開に見えるのですが、これまで書いてきているように、この上げは修正波の中の戻り局面なので、昨年末の高値16320円を更新する事はできず(※1)、いずれピークアウトして再度下方向を目指す展開になるとみています。

(※1)昨日も書きましたが、現時点では15,500円あたりを今回の戻り局面の上値として想定しています。

なお、これまでは、6月安値をメインシナリオで考えてきたのですが、5/22の段階でこのシナリオは破棄してシナリオ修正をしておりますので、次の安値目標は秋口となります。

よって、本当の勝負どころは、秋口にくるというのが現時点におけるメインシナリオになります。

20140603.gif

日経平均が続伸して15,000円を超えてきている他、マザーズも11連騰する等、勢いが継続しておりますが、短期的にはさすがにそろそろ一服するのではないでしょうか。

今週の6日金曜日には米国の雇用統計も発表もありますので、今週の後半にかけては模様眺めで勢いが一旦止まるのではないかという感じがしています。

なお、昨日も書きましたが、仮にここで一押し入れるような局面がある場合、短期狙いで買いを入れるという戦略(※2)も面白いのではないかと考えています。

(※2)前述したように、今回の戻りで前回の高値越えはないと予想しているので、上値がそれほどあるとは見ていません。よって、あくまでも「短期狙い」の「試し買い」レベルで、「本腰を入れた買い」ではありません。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする