今回の戻り相場で初めて短期線割れ

日経平均は▲129円と反落。

13964(5/21)から昨日まで、基本的には5日移動平均線(短期線)の上で推移してきたのですが、今日の下げで初めて短期線を明確に下回ってきました。

13964(5/21)から昨日の高値15206(6/9)まで、日柄としては14日(両端入れ)になります。

戻り高値をつける日柄としてはもう少し先かと見ていたのですが、ここで一旦調整入りとなるのでしょうか?

明日も続落となると、その可能性は高くなるのですが、本日の動きだけだとまだ判断はしづらい所です。

取り敢えず、明日の動きに注目です。

20140610.gif

なお、昨日も書いたように、いずれ1月に見られたような下げがまた来ると現時点では考えているのですが、NYが安定している内は、そのような動きはないと思います。

今年に入ってからNYは1月にやや大きく下げました。

ただ、この時は、高値から安値までの下落率は▲7.5%なので、それほど大きな下げが見られたという訳ではありません。

どこかの段階で10~20%程度の規模の調整が入る局面があるのではないかと見ています。

このNYの調整が入った時に、日本株も1月に見られたような下げが起こり、それが終わった段階で初めて、今年の1月以降続いてきた修正波の動きが終了し、アベノミクス第2幕の上昇相場がスタートすると想定しています。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする