高値圏にあるNYが調整入りのカギを握ると思います

日経平均は前日比140円程度安い所で寄り付いたのですが、その後切り返し、結局124円高で引けました。

日中の日経平均の安値が14830円で、高値が15121円なので、今日は上下に大きく動きました。

チャートも前日の足を包むような形の陽線をつけており、見た目的には強そうな感じです。

20140613.gif

なお、本日は日銀の政策決定会合がありました。

前回の5/20~21の会合は、タイミング的なものから考えても、会合を契機に相場が大きく動く可能性があったので、特に注目しておりました。

この点については、5/20のブログでも記載しております。

動くとしたら明日以降かと思います(5/20)

結果として、相場が動くタイミングの捉え方はバッチリでしたが、上と下の方向性を読み違えていました。

日銀会合の翌日から反転を開始し、大きく戻る相場となりました。

ただし、このブログでも翌日の5/21に早々にシナリオ修正し、買いを入れていったので、戻り相場には問題なくついていくことができました。

シナリオ修正(5/22)

それに対して今回なのですが、一応変化する可能性がある日として注目はしていましたが、前回ほどではありませんでした。

前回は引け後の日経平均先物と為替の動きをよくチェックしていたのですが、今回はほとんど見ませんでした。(仕事が忙しくて見る暇もなかったのですが)

結論として、今回は前回のようにこれが契機となって相場が動くという事はなさそうな感じです。

なお、一応、現時点では、暫く戻り方向が継続した後で、やや大きく調整する可能性があるのではないかと想定しています。

今後、日本株がやや大きな調整を入れるとしたら、きっかけは、やはり高値圏にあるNYではないかと考えています。(そのほかでは、為替も)

よって、特にNYに変調の兆しが表れるかどうかは、気を付けてみていく必要があるかと思っています。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする