戻りはまだ継続か?

日経平均は164円高。

売買代金も今日は2兆1031 億円と、2兆円を超えています。

20140701.gif

日経平均の日中高値は15389円で6/23の戻り高値15442円は抜けていませんが、TOPIXは戻り高値を更新してきました。

また、今日の上げで日経平均は再度5日移動平均を上回ってきました。

これらの点からみると、13885(4/11)からの戻り波動(d波)はまだ継続しそうな感じです。

なお、6/25のブログで、13885(4/11)からの戻り波動(d波)は、15442(6/23) で5波動の構成を完成させているように見えるという事を書きました。

が、まだ完成しておらず、15027(6/27)から最後の5波目が進行していると見るのが正しいような感じがします。

d-1波(上げ) = 13885(4/11) ⇒ 14649(4/21)

d-2波(下げ) = 14649(4/21) ⇒ 13964(5/21)

d-3波(上げ) = 13964(5/21) ⇒ 15206(6/9) 

d-4波(下げ) = 15206(6/9)  ⇒ 15027(6/27)

d-5波(上げ) = 15027(6/27) ⇒  現在進行中

短期的にはドル円が戻るのと歩調を合わせて、日経平均も戻り高値を狙っていく感じになるかと思います。

ただ、ドル円は200日移動平均線が上値抵抗になると思われ、101円70~80銭あたりでは上値が重くなるのではないかと見ています。

そこで上値が重くなったドル円は下落(円高)に転じ、100円74銭(2/4)や100円80銭(5/21)を目指す展開になる。

日経平均もこの過程で戻り高値をつけたあと、ドル円の下落(円高)基調と連動して、e波の下げ波動に移行する。

短期的にはこんな感じで動くのではないかと予想しています。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする