波乱含みの展開となるか?

日経平均は▲86円の15216円。

25日移動平均線が15213円なので、ほぼこの水準で引けました。

なお、その後の夜間取引で、ドル円は一時101円03銭まで下げ、6/30につけた101円21銭を割れてきました。

昨日のブログで、7/4につけた102円22銭を一時期的に上回るかもしれないという事を書いたのですが、結局戻りを試すこともなく、安値を更新してきました。

これでドル円は、今年の安値水準である、2/4につけた100円74銭と5/21につけた100円80銭をこれから試す展開となるのでしょうか。

ここでこの安値を割れてくると円高方向への動き(100円割れ)が加速するのではないかと思います。

100円割れの展開となると、日経平均への影響も大きくなると思うのですが、夜間の日経平均先物が一時15000円をつける等、やや波乱を感じさせるような展開となっています。

いよいよ、動き始めるのでしょうか。

夜間の日経平均先物は現在、15060円なので、このままいくと明日、日経平均はマドを空けて安く寄り付くことになります。

日経平均が、そのままマド埋めをできず下落して引けると、先行き注意の一つ目の信号が灯ることになります。

明日どう動くのか、注目したいところです。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする