タイムサイクルはまだ有効か?

ドル円は昨日、直近の高値である101円79銭(7/16)を抜け、本日は101円93銭までつけています。

7/22の記事で書いたように、101円79銭(7/16)を超えてきた所でa-b-cという3波構成の戻りが終了(5波目の戻りが終了)すると見ていたので、ドル円に関しては100円74銭(2/4)から進行してきた戻り波動(5波構成)が完了となる、最低限の要件はクリアしてきたということになります。

20140725.gif

日経平均は、午後になって戻りに弾みがつき、前日比173円高の15,457円と高値で引けました。

7/4の高値15490円の更新まではならなかったのですが、終値ベースでは戻り高値更新となっています。

なお、本日の夜間で日経平均先物は一時15550円をつけているので、来週月曜日はザラバベースの戻り高値更新となるでしょうか。

そのほか、6/18の記事でも書きました、22~26日の間隔で到来しているタイムサイクル(トレンド転換となりやすいサイクル)が、ちょうど今、到来しています。

16320(12/30) ⇒ 13995(2/5)   … 23日(日柄はいずれも両端入れ)

13995(2/5)  ⇒ 15312(3/7)   … 22日  

15312(3/7)  ⇒ 13885(4/11)  … 25日

13885(4/11) ⇒ 13964(5/21)  … 26日

13964(5/21)⇒ 15442(6/23)  … 24日 

15442(6/23)から22~26日目   =  7/23~7/29

果たしてこのサイクルはまだ生きているのでしょうか?

もしもまだ生きているとした場合、このタイミングで戻り高値をとってくると、ここはけっこう注意すべきポイント、ということになってくるのかもしれません。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする