今週は戻りを試す局面

日経平均は352円高の15131円と反発。

今日の上げで、先週金曜日の下げの77%戻した他、5日平均線の水準(15124円)まで回復しています。

その他、日経平均のザラ場高値は15162円なので、15759(7/31)から14753(8/8)までの下げ幅(▲1006円)に対する戻り率は40.6%になります。

今日の動きをみる限りでは、比較的戻りのペースは速いような感じがします。

ボラティリティが上昇してきているので、上に行くにしろ、下に行くにしろ、相場のブレが大きくなっています。

20140811.gif

なお、今週は15759(7/31)から14753(8/8)までの下げに対する戻りを試す局面とみています。

日柄としては、単純に下げる相場のパターンとなる場合(※1)は、今回の下げの日柄が7日(両端入れ、以下同)なので、3~4日程度(今週の水曜日あたりまで)が戻りの日柄になると思われます。

(※1)単純に下げる相場となる場合、一般的には、下げの日柄 > 戻しの日柄となるケースが比較的多かったりします。ただ、下げの日柄 < 戻しの日柄となるケースもあるので、あくまでも一般的にはという話になります。

値幅としては、今日の段階で直近の下げ幅に対して40.6%の戻りを示現しているので、残りのメドとしては、次のような感じになるかと思われます。

50%戻し  = 15256円

61.8%戻し = 15374円

いずれにしろ、現状は海外市場の動向に影響を受けやすくなっているので、今後の行方はNY次第(※2)という所が大きくなるかと思われます。

海外市場の動向を注視し、相場変動が大きくなっている乱気流相場に臨んでいきたいと思います。

(※2)NYダウは、17151(7/17)から16333(8/7)まで▲818ドル下げて(下げ日柄は16日)、16556(8/8)まで+223ドル戻しているので(戻り率27%/戻り日柄2日)、日本株と比べるとまだ戻りの余地はあるかもしれません。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする