ショートは手仕舞いし、一旦様子見

日経平均は3円高の15318円で引け。

小幅ながらもプラスとなったので、これで5日続伸となりました。

ただ、商いは依然盛り上がらず、1兆3921 億円と閑散地合いが継続。

日中の値幅は52円で、昨日の値幅66円よりも値動きが少ない、ボラティリティ(変動率)の低い展開となりました。

20140815.gif

今日は下落するかと思ったのですが、小幅ながらもプラスでした。

現状は15759(7/31)から14753(8/8)までの下げに対する戻りを試す局面とみているのですが、昨日ザラバ高値で15,338円をつけており、現状の戻り率は58.1%となっています。

この戻りは、61.8%戻しとなる15374円近辺までが戻り上限となるのではないかと考えていたのですが、本日の夜間取引で日経平均先物は一時15380円をつけました。

ここで頭打ちとなるかもしれないのですが、この流れが月曜日も続くと6日続伸となり、25日線も超えて、遅行線も日足の上に抜けてくる形になります。

また、為替も夜間で、ユーロ円、ドル円ともに円安方向に動いていることもあったので、8/1に建てたショートポジションは本日、一旦手仕舞いとしました。

ここで当初想定通り頭打ちとなり、下落の第二波が再開となる可能性もあるのですが、一方で、ここまで休みなく戻るという事は、これまで考えていた15759(7/31)から調整局面に入ったという認識は間違っている可能性(※)も出てきました。

(※)間違っている場合の修正シナリオは、もう一度、15759(7/31)方向を目指した後に、調整入りするというものになります。

当初想定していたものとは実際の動き方が異なってきたので、ここは一旦撤退が得策と考え、再度ノーポジに戻す事としました。

なお、今回のトレードで利益は出ているので、これで今年は4勝0敗です。

ただ、あまり勝ったという感じはしないので、いったん様子見として、次の仕掛けの機会を狙っていきたいと思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする