戻り地合い継続か、下落波動再開か?

金曜日のNYダウは乱高下。

60ドル程度上昇したのち、▲150ドル近くまで売られ、その後は引けにかけて戻り、結局50ドル安で引けました。

NYダウは、17151(7/17)から16333(8/7)までの下落(値幅:▲818ドル/日柄:16日)に対して、16775(8/15)までの戻りなので、戻りの値幅は+442ドルで、戻り率は54%、戻り日柄は7日となっています。

20140817.gif

一方、ナスダックは一時4482まで上昇したのですが、最終的には+11の4464で引けました。

直近の高値は4485(7/3)なので、ナスダックについては下げ幅のほとんどを戻してきた感じです。

20140817nas.gif

これまでは、NYダウ、ナスダックが本格的な調整局面入りし、日経平均もそれに連れて調整というシナリオを想定していました。

ただ、ナスダックの動きを見る限り、ここでの下げは微調整で、本格的な調整局面入りはまだしていないような感じもします。

日経平均については、これまで、15759(7/31)で(b波)の戻り波動が終了し、以降は(c波)の下げ波動が展開していると考えていたのですが、ナスダックの動きや、日経平均の動き(5日続伸)等からすると、(b波)の戻り波動はまだ終了していない、という見方もあるのでは、と思えるようにもなってきました。

仮に日経平均の波動カウントを修正するとした場合、13885(4/11)からの戻り波動は、次のようにカウントできるのではないかと思います。

1波:13885(4/11) ⇒ 14649(4/21)

2波:14649(4/21) ⇒ 13964(5/21)

3波:13964(5/21) ⇒ 15759(7/31)

4波:15759(7/31) ⇒ 14753(8/8)

5波:14753(8/8) ⇒ 現在進行中

なお、修正後の見方は、再度、15759(7/31)を目指した後、戻り波動(b波)が終了し、以降は(c波)の下げ波動が展開する、というものになります。

エリオット波動では、1波目の高値と4波目の安値がかぶらない、というルールがあるので、この点からいっても、修正後の見方はおかしくないような感じがします。

ただ、現時点では、修正前(※1)/修正後(※2)、どちらの見方を支持すべきかは、まだ何とも言えません。

(※1)調整局面が継続中で、これから下落波動が再開。

(※2)再度高値方向を目指した後、調整局面入り。なお、修正前/修正後ともに、比較的大きな調整局面があるとする見方は特に変わりなし。

来週の動きを見れば、どちらの見方がありそうか、判断できるのではないかと現状では考えています。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする