短期的には重要な局面を迎えるところ

日経平均は、192円高の15668円と続伸。

昨日は日中の値幅はわずか38円と超小動きだったのですが、本日は同値幅が220円となり、一転して変動幅が大きくなりました。

売買代金も2兆円まで届かなかったものの、前日比+6,436億円の1兆9,744億円と、前日よりも大きく増加しました。

20140902.gif

本日の日経平均のザラ場高値は15737円なので、直近の高値である15759(7/31)まであとわずかの所まで戻してきています。

重要イベントを控え、期待感から円安が進み、それを支えに株が買われたという構図のようです。

特に何か特別な材料が出たわけでもないのに、今日は昨日とは打って変わって大きく動いて反発してきています。

なんだかよくわからないですねぇ。


しかし、8/25の記事で書いたように、14753(8/8)から5波目の戻り(最後の戻り)が進行中と想定しているので、取りあえずは予想通りの展開となっているかと思います。

なお、本日の夜間で日経平均先物は一時15850円をつけているので、恐らくここから直近の高値である15759(7/31)抜けを目指す展開になると思われます。

となると、8/28の記事で書いたように、8/29~9/8の期間中に高値をとってくる展開となる可能性が高まります。

ここでつける高値が5波目の戻り(最後の戻り)の戻り天井となるのか、あるいは、高値をとって下落した後、再度高値をとった所が戻り天井となるのか、見極める所になります。(理論上は、前者だけではなく、後者の動きとなる可能性もあります)

現状では、前者の動きとなるのか、後者の動きとなるのかは、海外市場の動き次第かと思っています。

日経平均が戻り高値をとって、今週から来週にかけて海外市場の動きに変化が見られなければ後者になるでしょうし、変化が見られれば前者の動きになると思われます。

ここからは、短期的な動向が注目されるところになります。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする