本命は10月?

日経平均は、+35円の15705円と反発。

しかし、売買代金は、前日比▲1740億円の1兆5240億円。

また、日中の値幅も74円と、再び方向感がない感じの動きとなっています。

20140908.gif

9月にはいってからドル円が105円台に乗せてきているのですが、それを好感して上げたのは9/2だけで、あとはあまり方向感がない動きが継続しています。

日経平均の日足も陰線での引けが4日連続しており、あまり勢いが感じられません。

ただ、日本市場、海外市場の株価指数ともに、怪しいと思える動きが今の段階では見えなくなっているので、取りあえずは昨日も書いたように、直近の戻り高値15829(9/3)抜けを目指す展開になるのではないかと思っています。


なお、9月中は、消費税を引き上げるために7-9月期のGDPをよく見せたいという政府の思惑等もあり、PKO(株価維持策)により人為的に株価を引き上げたとしても、10月以降もPKOによる下支えは続くのでしょうか?

いつまでもあると思うな親と金という言葉ではないのですが、いつまでもPKOは続かないと思います。

10月になれば、政府としては無理して株価を下支えする必要がなくなるので、そこでPKOが外れてもおかしくないのではないかと思います。

仮にこの下支えがなくなった時、マーケットはどう反応するのでしょうか?

そう考えると、市場が荒れる時期の本命としては9月より10月の方が可能性としては高いのではないかと考えているのですが、果たしてどうなるでしょうか。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする