イレギュラートップをつけるパターンではないでしょうか

日経平均は、+253円の16321円で、引け値ベースでも昨年来高値である16320(12/30)を抜けてきました。

売買代金も、前日比+3675億円の2兆7497 億円と、久々の水準。

20140919.gif

昨日16000円台にのせてきたと思ったら、わずかそれから1日で戻り高値をとってきました。

昨日が+178円で、今日が+253円なので、ここにきて勢いが出ている感じです。

ただ、今日もマドを空けて上昇した事から、先週の安値15664(9/10)からの上げで三空ができたことになります。

三つマドを空けたという事と、昨年来高値を抜けてきた事から、来週は一服となるのかもしれません。

が、今日のザラバ高値16364円が戻り天井となるのではなく、更にその高値を何日か抜けてきた所が天井となるのではないかという感じがしています。


新値を抜けてくるパターンとしては、ざっくり言うと次の2通りのパターンがあると思います。

1)上昇波動の中での新値抜け

2)修正波動の中での新値抜け

1)の場合は正常なパターンなので問題ないのですが、2)の場合はイレギュラーなパターンなので問題です。

新値を抜けてきたので強いと思って買いを入れたらそこが天井だったというパターンで、イレギュラートップといわれるものになります。

昨年の場合、厳密にいうと、修正波動の中での新値をつけるイレギュラートップではないのですが、戻り高値を抜けてから数日経った所が天井だったというパターンがあったので、参考までにその動きを記載しておきます。

昨年は5月下旬に15942(5/23)のザラバ高値をつけて、その後急落しました。

その後戻り方向になり、12/24に15942(5/23)のザラバ高値を抜けてきました。

なお、12/24を含めた、それ以降のザラバ高値の推移は以下の通りです。

12/24:16029

12/25:16010

12/26:16186

12/27:16232

12/30:16320

12/24にザラバ高値を抜けてから、戻り天井をつけたのは12/30になるので、以前の高値を抜けてから3回目の新値をとった所が戻り天井となり、以降は調整入りとなりました。

昨年は、前回高値が15942(5/23)に対して、戻り天井となったのは16320(12/30)なので、その差は378円でした。

今回もこれと似たようなパターン(※)になるのではないか、という感じが今の所しているのですが、果たして如何なりますでしょうか。

(※)戻り高値をとってから、それよりも若干高い所が戻り天井となるパターン。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする