重要な局面が続く

日経平均は、+182円の15890円で続伸。

本日は一時15970円をつけ、16081~15922円まで空けたマドを一部埋めてきました。

20141006.gif

とりあえず今週は、16374(9/25)から15559(10/3)まで、日柄で7日(両端入れ)、値幅で815円下げた後の戻りを試す局面かと思われます。

ただ、金曜日の記事でも書いたように、戻り波動のトップは16374(9/25)でつけており、ここからの戻りでそれは抜けないのではないでしょうか。


一応現時点では、値幅的には16000~16100円あたりまで、日柄的には15559(10/3)から7日(両端入れ)戻りの10/14(火)あたりが戻りのラインとしては良い所ではないかと見ています。

よって、ざっくり言うと今週は戻り方向で、来週は下方向へ動く展開ではないかと考えています。

ただ、この動きは前倒しになったり、後ずれしたりする可能性はあると思います。

この動きのカギを握るのは、やや不安定な色合いが見えつつある海外要因になると思いますので、ここからは特に海外市場の動向を注視して行く所かと思われます。

海外市場が戻り方向にある内は問題ないのですが、戻りが頭打ちになる兆しが表れた時が、第1弾の下げ(※)に続く第2弾の下げがスタートする転機になるのではないかと想定しています。

(※)16374(9/25)から15559(10/3)までの下落。

以上のような見方が正しい場合、第2弾の下げは比較的大きな値幅を伴う下げとなるのではないでしょうか。

ここから暫くは、今後の行方を占う上での重要な局面が続く、という事になるかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする