1か月以上前から言っていた事が現実に……

日経平均は+137円の15073円と反発。

日中の高値圏で引け、15000円台回復となりました。

20141015.gif

ずるずる下げる展開が続きなかなか反転してこなかったのですが、6日ぶりに反発となりました。

ただ、夜間に入り欧州市場が下落している他、円高が進行していることもあり、日経平均先物は14600円を割れる所まで一気に下落してきています。

これまで下落相場入りした場合のイメージとしては、1波目の下げがあり、それを戻す展開があってから、2波目の下げでガタっと下げる展開を想定していたのですが、1波目の下げから一気にガタがくる展開になっています。

10月に入ってからの下げをこれまでの調整の延長線上でとらえ、多少下げたところで買いを入れた人にとっては逃げ場が殆どなく、けっこう厳しい状況かと思います。

正に、「落ちてくるナイフを拾うな」という展開になっており、中途半端なところで買いを入れているとヤケドをおう局面となっています。


ただ、このブログでは、比較的厳しい下落局面が訪れる可能性についてはだいぶ前から言及してきており、特に10月については要注意の時期の本命(※)としてきました。

よって、今起きている日経平均の下落局面は、青天の霹靂でいきなり起こったことではまったくなく、きちんと分析をして注意深く全体動向を見ていればある程度前もって予見できた事になるのではないかと思います。

(※)このことは、9/29の記事でも書いていますが、おおもとの記事は9/8の記事の段階で書いています。よって、この事は1か月以上前から言及してきた事になります。

間もなく本命の10月相場到来(9/29)

本命は10月?(9/8)

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする