真の買い場が到来するのを待つ局面

日経平均は、▲335円の14738円で引け。

本日は寄付きから売られ、ザラバ安値で14672円をつけています。

本日もマドを空けて下げているので、10/9からの下げで三つ目のマド空きとなりました。

なお、夜間でまた日経平均先物が売られており、一時14400円を割れる水準をつけましたが、現状では14550円程度の水準で推移しています。

このまま行くと明日もまたマド空けでの下げとなりそうなのですが、そうなると常識的にはリバウンドに転じてもおかしくない所になると思います。

ただし、あくまでも常識的にはという話です。

リーマンの時のように常識が通用せずズルズル下げ続けるケースもありますし、そもそも底値は10/8の記事でも書いたように、もっと下を見ていますので、ここで本腰を買いを入れていくのはまだ早いと思います。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする