取りあえず明日のFOMC待ち

日経平均は、▲58円の15329円と反落。

売買代金も昨日に引き続き1兆6千億円台にとどまっています。

20141028.gif

今日は戻り高値は更新できなかったので、14529(10/17)からの戻り高値は昨日の15424円となっています。

日柄面で見ると、16374(9/25)から14529(10/17)までの下落日柄は16日(両端入れ)。

戻り日柄は昨日の戻り高値までで7日。

これまで書いてきているように、16374(9/25)からは下げの調整局面が進行しており、14529(10/17)からの上げは下落途中のリバウンドと見ています。


一般的に下げ方向に動く場合は、右肩下がりのパターンになるケースが多く、日柄的には下げる期間 > 上げる期間となる場合が比較的多い(※)です。

(※)必ずしもそうなるとは言い切れず、下げ相場なのに下げる期間 < 上げる期間となったりする場合もあります。あくまでも一般的にはという話です。

今回もそのパターンになると思っているのですが、日柄的には下げ(16日)、戻り(7日)となっているので、セオリー的にはここら辺でピークアウトとなってもおかしくはありません。

ただ、あくまでもこれはセオリーで考えるとそうなるという話なので、実際そうなるかどうかの見極めは、全体的な動きを見て判断するしかありません。

昨日も書いたように、今は変化する兆しが表れるのを待っている段階になります。

明日のFOMCが変化の兆しが表れるきっかけとなるのでしょうか。

引き続き、状況を見極める局面になります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする