取りあえず明日のFOMC待ち

日経平均は、▲58円の15329円と反落。

売買代金も昨日に引き続き1兆6千億円台にとどまっています。

20141028.gif

今日は戻り高値は更新できなかったので、14529(10/17)からの戻り高値は昨日の15424円となっています。

日柄面で見ると、16374(9/25)から14529(10/17)までの下落日柄は16日(両端入れ)。

戻り日柄は昨日の戻り高値までで7日。

これまで書いてきているように、16374(9/25)からは下げの調整局面が進行しており、14529(10/17)からの上げは下落途中のリバウンドと見ています。


一般的に下げ方向に動く場合は、右肩下がりのパターンになるケースが多く、日柄的には下げる期間 > 上げる期間となる場合が比較的多い(※)です。

(※)必ずしもそうなるとは言い切れず、下げ相場なのに下げる期間 < 上げる期間となったりする場合もあります。あくまでも一般的にはという話です。

今回もそのパターンになると思っているのですが、日柄的には下げ(16日)、戻り(7日)となっているので、セオリー的にはここら辺でピークアウトとなってもおかしくはありません。

ただ、あくまでもこれはセオリーで考えるとそうなるという話なので、実際そうなるかどうかの見極めは、全体的な動きを見て判断するしかありません。

昨日も書いたように、今は変化する兆しが表れるのを待っている段階になります。

明日のFOMCが変化の兆しが表れるきっかけとなるのでしょうか。

引き続き、状況を見極める局面になります。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする