新たな方向性待ち

日経平均は、▲55円の17288円と反落。

ここのところ、上げと下げが交互に続いており、昨日はプラスだったのですが、今日はマイナスでの引けとなりました。

売買代金は、2兆5千億円台となり、前日とほぼ変わらずでした。

20141119.gif

なお、今日の金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁が消費再増税の延期について理解を示し、大人の対応をしたこと等を受けて、外為市場ではドルが買われており、ドル円は引き続き高値をとってきています。


日経平均先物もドル円の上昇につれて戻り基調で、17370円程度まで上げてきています。

ただ、ドル円は連日で高値更新となっているのですが、日経平均は11/14に17520円の高値をつけた後に乱高下したこともあり、当該高値を3日抜けない状態が続いています。

以前の地合いであればこれだけ円安が進行しているので、もっと先物に買いが入ってもおかしくないと思うのですが、現状ではそうなっていません。

この点からすると、地合いとしてはそこまで強くないような印象も受けるのですが、かといって、下支えとなるフォロー要因も増えてきているので、そこまで大きく下げるというわけでもありません。

10月末から、追加緩和、消費税引き上げ延期、解散・総選挙など、相次いでインパクトがある材料が続いて出てきたのですが、これらの材料は、ここまでの動きである程度織り込まれつつあるのではないかと思います。

ここからは、上に行くにしろ、下に行くにしろ、何か新味がある材料が出てこないと、なかなか方向性が出てこないのではないでしょうか。

現状の日経平均(NYダウもなのですが)は、なんとなく高値膠着となりつつあるように見えなくもないので、何か新しい材料などがでて、方向性が出てくるのを待つところかと思います。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする