日経平均の動きを長期で見ていくと……

本日日本市場はお休みなのですが、ドル円は反発しており、118円台に再度乗せてきています。

それを受けて、CMEの日経平均先物も17500円程度まで上げています。

この流れからすると、とりあえず今週も、上値を引き続き狙いに行くような展開になりそうな感じです。

ただ、11/20の記事で書いたように、ここのところ、追加緩和、消費税引き上げ延期、解散・総選挙、それを受けた円安進行など、株価には基本的にフォローの要因が相次いでいるのですが、にもかかわらず、日経平均がそれほど上がっているという訳ではないような感じがします。

で、今日は少し視点を長目でみて、バブル崩壊後の日経平均の動きを改めて整理してみました。


これまでの日経平均の最高値は1989年12月29日の38915円になりますので、そこからの動きを整理すると、概ね以下の通りになります。

1波(下げ) : 38915(1989年12月29日) ⇒ 14309(1992年8月18日)

2波(戻り) : 14309(1992年8月18日) ⇒ 22666(1996年6月26日)

3波(下げ) : 22666(1996年6月26日) ⇒ 7607(2003年4月28日)

4波(戻り) : 7607(2003年4月28日)  ⇒ 18261(2007年7月9日)

5波(下げ) : 18261(2007年7月9日) ⇒ 7054(2009年3月10日)

20141124日経平均月足

バブル崩壊後のこれまでの最安値は7054円(2009年3月10日)になるので、今はそこから上昇波動に転換しているという認識を基本としています。

ただし、最近の動き方をみていると、もしかするとその基本認識自体が間違っているかもしれないという感じが少しずつではあるのですが、ややしてきております。

これが間違っているとした場合の見方は、7054円(2009年3月10日)で5波目は終わっておらず、現在はまだ4波目が進行中というものになります。

ということは、4波目の戻りが完了したら、今度は5波目の下げに入り、この場合の下値は7054円(2009年3月10日)を割れてくるという、やや衝撃的なものになります。

今はアベノミクスを下支えにして日経平均が上昇基調にあり、先行きを強気で見ている人の方が圧倒的に多数を占めるという中において、何をそんな馬鹿げた事を言うのか、という意見もあるかと思うのですが、ただ、長期のチャートを改めて見てみると、7054円(2009年3月10日)がバブル崩壊後の最安値だったかというと、やや疑問に思えなくもありません。

2波目の戻り高値である22666(1996年6月26日) を超えてきたら、この見方は否定され、バブル崩壊後の下降トレンドは明らかに転換し、上昇トレンドに変化したと言えるのですが、まだそれは暫く先の話になります。

なので、まずは今回の戻りで18261(2007年7月9日)を明確に抜けてこれるかどうかという所が、一つのポイントになるのではないかと思っております。

7607(2003年4月28日) からの動きをみると、ざっくり言って、7000円程度~18000円程度のレンジ内で動いてきていると言えるかと思われます。

今回の戻りで18000円近くまで上げたとしても、その近辺で頭打ちし始めたら、7000円程度~18000円程度のレンジをまだ抜け切れていないという事になります。

仮にそうなった場合、4波目の波動カウントは以下の通り修正する必要が生じ、4波目の戻りがピークを打った後は、5波目のダメ押しの下落局面が発生するという事になります。

4‐a波(戻り) : 7607(2003年4月28日)  ⇒ 18261(2007年7月9日)

4-b波(下げ) : 18261(2007年7月9日)  ⇒ 7054(2009年3月10日)

4‐c波(戻り) : 7054(2009年3月10日) ⇒ 現在進行中

私としてもできれば、このまま回復軌道をたどり、上記のような自体が発生するのはできれば避けてほしいと思うのですが、最悪の場合、上記シナリオが実現するかもしれないという事は一応念頭に入れて、先行きを見ていこうと思っております。

まずは、今回の上昇でどこまで行けるのか、見ていく局面かと思われます。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする