日経平均、ドル円共に、大台到達まであと僅か

日経平均は、+166円の17887円と5日続伸。

一方、売買代金は、2兆3千億円台と、前日よりも減少しました。

20141204.gif

今日は日中の値幅は100円と、狭い範囲の中での値動きとなりましたが、本日のザラバ高値は17913円と、昨日に引き続き高値を更新する展開となりました。


昨日その動きがやや気になるとして書きました香港のハンセン指数なのですが、今日は反発し、昨日下げた以上の上げ幅となっています。

上海指数も引き続き堅調で、今日は4%近く上げる等、大幅高となっています。

その他アメリカではNYダウが新高値をつけ、欧州でもDAX指数が高値圏で推移する等、全般的に株が買われる傾向にあります。

日本市場もそれに沿った形で高値追いの展開となっています。

ただ、為替ではドル円が一時119円97銭をつけて120円目前まで上昇してきている他、日経平均も一時17913円をつけて18000円目前に迫るなど、いずれの指標も大台到達まであと僅かの所まで来ています。

そして明日、雇用統計を迎えます。

今回は、大台到達を目前に控えて雇用統計を迎えるという形になるのですが、もしかするとここで何か一波乱起きる可能性があるのかもしれません。

が、ここで特に大きな動きが見られず、難なく当該イベントを通過するようであれば、取りあえず現時点における流れが、来週も継続するという形になりそうな感じです。

ただ、その場合は、株価水準が今週よりも高いところに位置する形になると想定されますので、警戒レベルも今週よりも高くなるという形になるのかと思われます。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする