NYダウの大幅下落を警戒していく局面になるか?

金曜日のNYダウは▲315の17280ドルと大きく下落。

NYダウは12/5に17991ドルの高値をつけたのですが、12/8の週に入ってから下落に転じました。

12/12金曜日の安値17280が直近の安値になるので、高値から▲3.9%下落した事になります。

20141214.gif

なお、先週12/8以降のNYダウの動きをみると、まず12/10に25日線を引け値で割れてきました。


そして、12/12には5日線が25日線を下回るミニデットクロスが実現すると共に、遅行線が陰転となりました。

また、9/19の高値17350ドルも下回ってきました。

これにより、今年の7月の高値から進行中の拡大三角形のパターン(先に行くほど、上げ下げの幅が広がっていく修正波のパターン)は、17991(12/5)で4波目のピークを迎え、以降は5波目の下げに入った可能性が出てきました。

なお、この拡大三角形をやっているという見方は、(11/11)の記事で書いた通りです。

1波 : 17151(7/17) ⇒ 16333(8/7)  ▲818

2波 : 16333(8/7)  ⇒  17350(9/19) +1017

3波 : 17350(9/19) ⇒ 15855(10/15) ▲1495

4波 : 15855(10/15) ⇒ 17991(12/5)? +2136

5波 : 17991(12/5)  ⇒ 現在進行中?

仮にこの見方が正しいとした場合、NYダウは17991(12/5) の高値以降、かなりきつい下げに見舞われることになります。

この場合、拡大三角形なので、3波目の安値である15855(10/15)を下回ってくる可能性があります。

なお、これは以前にも書いたことになるのですが、これまでFRBがQE(量的緩和)を終了した際には、NYダウは10%以上下落してきました。

①QE1終了時(2010年6月)

11205(2010年4月26日) ⇒ 9686(7月2日)  下落率:▲13.5%

②QE2終了時(2011年6月)

12810(2011年4月29日) ⇒ 10655(10月3日)  下落率:▲16.8%

そして2014年10月にQE3を終了したのですが、それに絡んで17350(9/19)から15855(10/15)まで▲1495下落したものの、この時の下落率は▲8.6%なので、これまで10%以上の下落は起きていないという事になります。

仮に、ここからの下げが上述した15855(10/15)を下回ってくるとしたら、高値からの下落率は10%を超えてきます。

という訳で、ここからは、NYダウの大幅下落を警戒していく局面になるかと思われます。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする