閑散商いで動意薄の展開

日経平均は、▲45円の17808円と6日ぶりに反落。

クリスマス休暇中という事もあり、売買代金は1.3兆円台と閑散。

20141225.gif

本日は商いが閑散の上、日中の値幅も60円程度と、動意薄の1日でした。

16672(12/17)の安値から昨日まで5日続伸で1203円上昇し、また、これまで3つのマドを空けて上げてきたので、当然の一服でしょうか。


18030(12/8)の高値から16672(12/17)の安値まで、日柄としては8日(両端入れ)下落し、昨日の高値まで5日上昇しています。

もしも16672(12/17)の安値からの上げがリバウンドであれば日柄的にはここら辺りがいいところかと思います。

また値幅的にも戻り率は88.5%となっているので、これもまた上限です。

今日は6日ぶりに反落したのですが、仮にここで数日戻りがとまって下げたとしても、それほど下げずに推移するようであればいずれ切り返して18030(12/8)を上に抜ける展開になってくると思います。

逆に大きく下げ始めればやはりリバウンドだったという事になるのですが、今日は2日下げていた上海指数が大きく反発するなどしており、昨日の記事で書いたような不安要素が広がるという感じでもありません。

なお、唯一、WTI原油先物だけは、ここにきて底値圏で上げて下げてまた上げる等、1日置きに上げと下げが繰り返される展開となっており、チャートの形状的には下値圏で弱気型の三角保ち合いをやっているような感じにも見受けられます。

仮に、弱気型の三角保ち合いをやっているという事であれば、三角形のピークをつけた後、いずれ下方向へ向かうと言う感じになるのかもしれません。

ただ、WTI原油先物は、ここまでの下落ピッチが速かったので、暫くはまだ、保ち合い状態が続くのもかしれません。

原油先物が保ち合い状態になり暫く落ち着いていれば、日経平均も大きく下げずに切り返して18030(12/8)を上に抜ける展開になってくるのかもしれません。

残り年内数日でどう動いてくるのか、見て行くところかと思われます。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする