見方を修正します

日経平均は、+10円の17818円と小幅ながらも反発。

売買代金は昨日に引き続き1.3兆円台と閑散状態でした。

20141226.gif

12/24に17875円の16672(12/17)安値からの戻り高値をつけ、昨日は反落したので、今日はどうでるかと思っていたのですが、小幅ながらもプラスで引けました。

ただ、日経平均が+0.06%の上げだったのに対して、TOPIXは+0.44%と、今日はTOPIXの上げ幅の方が大きい形でした。


また、このところ低迷していたマザーズ指数は+4.6%と大幅に上げてきました。

その他では、上海指数も+2.7%と直近の高値には届きませんでしたが、昨日に引き続き切り返す展開でした。

昨日の記事でも書きましたが、16672(12/17)の安値からの上げがリバウンドであればここら辺りが戻りとしてはいいところなので、ここから下げ始めるかどうか、注目していました。

が、上述したような今日の動き方を見る限りでは、16672(12/17)の安値からの上げがリバウンドとする見方は、やはり違っていたようで、これから再度18030(12/8)の高値をとってくるとする見方の方が正しいような感じです。(ただ、高値は更新すると思うのですが、ここから大きく上げていくような展開になるのは難しいのではないかと思っている点は変わらずです)

月単位でみると今月は相場が転換しやすいタイミングになり、また、波動カウント的にも18030(12/8)の高値をつけてから下落するところが修正波の中で大きく下落する局面と合致したので、ここは大きく下がるところだろうと考え、自分の考えに少し固執しすぎてしまいました。

マーケットは常に正しい、自分の考えに固執しすぎてはいけないというのは頭ではわかっているのですが、やってしまいました。

本来であれば、16672(12/17)の安値をつけた翌日にマドを空けて反発したので、そこで見方を修正するべきでした。

大いに反省したいと思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする