年明け相場はどう動いてくるでしょうか

あけましておめでとうございます。

さて、昨日のNYは続落でした。

シカゴの日経平均先物は17285円で終わっています。

今週はNYであと1日市場が開くので、日経平均先物が最終的にどの水準で引けるのか確定しないのですが、仮に今の水準で引けるとすると、大発会はマイナスでスタートしそうな感じです。


現状遅行線は陰転していないのですが、17200~17400円あたりを下回ってくると陰転してくるので、このまま行くと、修正前の見方がやはり有効だったという事になるのかと思います。

修正前の見方は、18030(12/8)で修正b波(上げ) が終わっており、以降は修正c波(下げ)に入っているというものになります。 

修正a波(下げ)  16320(12/30) ⇒ 13885(4/11)

修正b波(上げ)  13885(4/11) ⇒ 18030(12/8)

修正c波(下げ)  18030(12/8) ⇒ 現在進行中 

このa-b-cの修正波は、変則フラットのパターンを想定しており、細分化すると3-3-5の波にブレイクダウンされると考えています。

仮に上記の見方が正しいとした場合、現在はc-3波目の下げに入っており、この場合の下値は12/17の記事で書きましたように意外と深くなる可能性もあります。

なお、そうなると、12/28の記事で書いたマザーズ指数が高値を抜けてくるとする見方はちょっと難しいかという感じになってきます。

あくまでも上記の見方は、修正後の見方(※)が有効とした場合の見方で、この前提が崩れてしまうと、やはりその考え方も変わってくるという事になります。

(※)18030(12/8)で修正b波(上げ) が終わっておらず、日経平均はまだ高値をとってくる、とする見方。

18030(12/8)の高値から16672(12/17)の安値までの下げ幅▲1358円に対して、まさか91.4%も戻るとは思わなかったので、12月の後半から見方がぶれてしまいました。

よく考えてみれば、修正前も修正後も両方とも修正b波(上げ) をやっているという見方自体は一緒だったので、あまり細かく捉えるべきではありませんでした。

申し訳ないです。

なお、このブログも昨年の3月下旬からスタートして9か月ぐらい経過しました。

以前も書きましたが、元々このブログは、途中で飽きてきたら止めればよいかという程度の気楽な気持ちで始めたものになります。

まだ1年は経っていないのですが、飽きっぽい私がここまで続けてこられたのは、日々ご覧いただいている皆様のおかげだと思っております。

この場をもちまして御礼申し上げます。

どこまで続けられるかわかりませんが、現状ではまあできる限り続けていこうとは考えております。

今年もどうか宜しくお願いします。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする