目先は戻り方向になると思うのですが……

日経平均は、+312円の17109円と3日ぶりに反発。

売買代金は前日より多少増加の2.3兆円台でした。

20150115.gif

本日は高寄り後に継続して買われ、ほぼ高値圏での引けとなり、安値圏での引けとなった昨日とはまったく正反対での動きでした。

今日の上げを受けて、年初から下落傾向だった5日線の水準も本日は前日よりも上昇しました。


昨日の記事で、レンジ相場となる場合は、ここら辺りで切り返しとなるのではないかということを書きましたが、今日は一旦反発となりました。

ただ、夜間に入ってからは円高進行などもあり、クロージング後の日経平均先物は17200円まで上げたのちに一時16730円まで下げ、その後に16950円まで戻る等、フレが超激しい展開となっています。

最近は特に上と下の振幅が大きく、相場のボラティリティが高くなっています。

ただ、見ていると、上であれ下であれ振れてはいるものの、本格的に動いていく方向に振れているのではなく、ダマし的に動くというケースが多くなってきているような感じもします。

このようなパターンの時に、動いた方に順張りでのっていくスタイルをとると、いいように振り回されてしまうので、現時点においては、これから相場がどちらの方向に動こうとしているのか、慎重に見極めていく必要があるかと思います。

なお、現状における見方としては、日経平均先物が一時16730円まで下げる等しているものの、それはダマシで、短期的にはレンジ内(※)での戻りを試す局面になるのではないかと考えているのですが、はたしてどうなるでしょうか?

(※)18030(12/5) ~ 16672(12/17)

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする