最後の戻りをつける展開か?

日経平均は、+352円の17366円と続伸。

売買代金は前日よりも増加し2.1兆円台と、2兆円台を回復しました。

20150120.gif

昨日NYが休場だったので、今日は小動きかと思ったのですが、大きく上げてきました。

前場から高い地合いが続き、最終的には本日の高値での引けとなりました。


本日は17366円まで上がったことで、17914(12/29)から16592(1/16)まで下げる過程の中で一時的につけた戻り高値17342(1/9)を抜けてきました。

また5日線を陽線で抜けて、引け値で25日線も超えてきたことで、16592(1/16)からは戻り歩調に入ったということが言え、ここからは18030(12/8)や17914(12/29)近辺への戻りを試す展開になるのではないかと思われます。

ただ、仮にその近辺まで戻ったとしても、その辺りがピークとなって、18030(12/8)から続いてきたレンジ相場の中の最後の戻り高値をつけるというのが、現時点において想定している展開イメージとなります。

なお、18030(12/8)の高値以降は、下げて上げて下げるという波形パターンとなっており、分解すると次の通りになっています。

①下げ : 18030(12/8) ⇒ 16672(12/17) 値幅は▲1358円、日柄は8日(両端入れ)

②上げ : 16672(12/17) ⇒ 17914(12/29) 値幅は+1242円、日柄は8日

③下げ : 17914(12/29) ⇒ 16592(1/16) 値幅は▲1322円、日柄は11日

①~③では、下げと上げの転換が日柄的には8~11日で起きています。

仮に同じような日柄間隔で16592(1/16)からの戻りがピークをつけるとしたら、怪しいのは1/27~1/30ということになります。

今週から来週にかけて戻り歩調となり、そこでピークをつけた後は、比較的大きな調整局面が訪れるというのが現時点において想定している展開シナリオになります。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする