2~3月あたりが調整局面入りするタイミングとしては警戒すべきところか?

金曜日のNYは、NYダウは▲141と反落でしたが、ナスダックは+7とわずかながらもプラスで続伸でした。

NYダウは17243(1/16)から戻り基調にあるのですが、この戻りが短期的には最後の戻りであると考えています。

20150125.gif

1/14の記事でも書きましたが、NYダウは15855(10/15)から斜行三角形での動きをやっているように見えます。


1波(上げ):15855(10/15)⇒17991(12/5)

2波(下げ):17991(12/5)⇒ 17067(12/16)

3波(上げ):17067(12/16) ⇒ 18103(12/26)

4波(下げ):18103(12/26)⇒17243(1/16)

5波(上げ):17243(1/16) ⇒ 現在進行中

現在進行中の最終の5波の上げが終了すると、比較的大きな調整局面を迎えると思われます。

日経平均も14529(10/17)の安値以降、NYダウと同じような動きで推移してきているので、NYの調整局面入りとあわせて日経平均も調整に入るというのが現時点における見方です。

今の感じで行くと、2~3月あたりが調整局面入りするタイミングとしては警戒すべきところになるのではないかと考えているのですが、果たしてどうなるでしょうか。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする