ここからは日経平均の戻りが転換する兆しが現れるのを見極めていく局面

日経平均は、+299円の17768円と反発。

売買代金は前日よりも増加し、2.1兆円台と再び2兆円にのせてきました。

20150127.gif

本日はマドを空けて寄付き、その後マドを埋めることなく値を上げ、最終的には本日の高値圏で引ける高値引けで取引を終えました。


本日の日経平均の高値は17768円でした。

1/23の記事で、「戻ったとしても18030(12/8)と17914(12/29)を結んだライン近辺が上限になるのではないかと考えています」という事を書いたのですが、今日の高値はこの水準に近いところまで上がってきたという事になります。

また、16592(1/16)からの日柄は、今日の段階で8日目(両端入れ)となりました。

以上のような点からすると、日経平均は、これまで書いてきました戻り上限に近いところまで来ているのではないかと思われます。

よって、ここからは、いつ戻りがピークをうってもおかしくないゾーンに入ってくると思われますので、戻りが転換する兆しが現れるのを見極めていく局面になると思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする