注意深く動向を見守る局面が続く

日経平均は、+63円の17712円と続伸。

ですが、売買代金は前日よりも減少し、2.1兆円台にとどまりました。

20150209.gif

本日は続伸とはなりましたが、寄付きが高値で、以降は伸び悩む展開でした。

金曜日と今日と、日経平均はプラスになっているのですが、陰線での引けが続く形となっており、何となく上値が重い感じになっています。


日経平均は昨年の高値18030(12/8)まであと300円程度の所にあり、引き続き高値圏に位置しているという事になるのですが、外部要因では先週あたりから、これまでの流れからやや変調しつつあるのではないかと思われるような動きが散見されるようになってきています。

まず、これまで急ピッチで上昇してきた上海指数なのですが、4日に金融緩和が実施されたにもかかわらず、伸び悩む展開となっており、今日は上昇しましたが、先週金曜日には直近の安値を割り込むかたちになりました。

同様に堅調に推移してきた欧州市場のDAX指数なのですが、今日はギリシャでの動きを受けて、窓空きで下げて寄り付いた後、一時2%程度下落する等、やや不安定な動きになっています。

これまで書いてきておりますように、2か月近くレンジ相場が続いてきた日本株も、そろそろ正念場を迎えつつあるような感じがしています。

これらの外的要素の変化が、長らく続いてきたレンジ相場を抜けるきっかけとなるのかどうかはわかりませんが、引き続き相場動向を注意深く動向を見守る局面が続きます。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする