2015年前半相場における一つの注目ポイント

日経平均は、+320円の17980円と反発。

売買代金は3.1兆円台と、久々に3兆円台にのせてきています。

20150212.gif

本日は寄付きから反発して始まり、一時18005円の高値をつけました。

その後も堅調に推移し、結局本日の高値圏での引けとなりました。


今日TOPIXは一時1455をつけて、昨年来高値1254(12/8)を一瞬ですが抜けてきました。

一方日経平均のザラ高値は18005円なので、昨年来高値18030(12/8)を抜く事はできませんでした。

なお、本日はマドを空けて上昇している他、今まで伸び悩んでいた商いも今日は一気に盛り返してきているので、雰囲気的にはレンジ上抜けの態勢は整いつつあるような感じもします。

ただ、今日の夜間で、日経平均先物が一時17700円をつけるなど、やや不安的な動きも見られます。

また、仮に18030(12/8)を抜けたとしても、そのすぐ上にはリーマンショック前の2007年2月につけた18300円の高値があります。

そう考えると、18000円から上の水準は、結構壁としては厚いのではないかという感じがしています。

なお、2/10から今日にかけて、17673~17884円のマドを空けてきました。

目先はこのマド空きを暫く維持できるか否かが、一つのポイントになると思います。

短期間でこのマドを埋めてくるようであれば下方向へ向かう確率が高くなりますし、このマドを埋めずに維持したまま上に向かえば、逆に一気に上値追いとなる目も出てくるのかもしれません。(一気に上値追いとなる為には、今日のような商い水準が継続する必要はあるかと思うのですが)

ここから暫くは、2015年前半相場における一つの注目ポイントになるように思われますので、引き続き目が離せない状況が続くという事になります。

スポンサーリンク

ど素人でも稼げる信用取引の本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする