日経平均は15年ぶりの高値

日経平均は、+65円の18265円と続伸。

売買代金は前日よりも減少して2.5兆円台でした。

20150219.gif

日経平均はこのところ、上げと下げが交互に来る感じだったのですが、今日は久々の続伸となりました。

今日も昨日に引き続いてマドを空けて上昇してスタートしました。その後、10時すぎに18322円の高値をつけ、2007年のザラバベースの高値を抜けてきました。

しかし、そこから伸び悩み、結局65円高での引けとなりました。


なお、終値も18265円だったので、終値ベースでも2007年の高値抜けとなりました。

今日の上昇で騰落レシオは138%まで上がってきているので、一部で過熱感を指摘する声もあがっているようなのですが、最近では昨年の6/24に164%まで上がっても、日経平均がとりあえずの高値をつけたのはその1か月程度後の7/31(その後、1,000円程度下落)であったりするので、騰落レシオの過熱圏入りが日経平均のピークアウトアウトを示唆するものではないと思いますので、高値圏でつける騰落レシオについてはあまり神経質に捉えるべきではないと考えています。

こういう時は下手に動くと早降りになってしまう可能性もあるので、あまりジタバタ動かず、流れについていく感じでいいのではないかと思っております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする