ドル建て日経平均も高値抜けまであと一歩

日経平均は、+134円の18467円と4日続伸。

売買代金は前日よりも増加して2.5兆円台でした。

20150223.gif

本日は寄り付き直後に18509円の高値をつけたのですが、以降は伸び悩みの展開となりました。

日経平均が+0.73%であるのに対して、TOPIXは+0.17%と伸び悩みました。


ここ最近の相場は、ドル円があまり動かなくても日経平均が上がるという展開になっており、昨年までとは異なった動きとなっております。

昨年あたりであれば、ドル円がちょっと円高に振れると、日経平均先物がすぐに反応して売られるというケースが多かったような気もするのですが、ここ最近は多少円高に振れても先物はあまり動かず、大きく売れるという事が少ないような感じがします。

これは地合いが強くなってきたということなのでしょうか。

なお、そのせいもあってか、ドル建て日経平均は堅調です。

ドル建て日経平均は本日155.18ドルで引けています。

直近の同指数の高値は、アベノミクス相場が始まって間もない時につけた156.41(2013年5月23日)になります。

以来、日経平均は上がるのですが、ドル円も一緒に上がるので、 日経平均やTOPIXが高値を抜けてきてもなかなか当該高値を抜けないという状況にありました。

が、いよいよ当該高値まであと一歩のところまで来ており、今の感じで行くと間もなく高値更新となりそうな感じです。

ドル建てでみる外人投資家にとっては、当該高値抜けはフォロー要因になると思われますので、当該高値を抜けられるかどうかも注目していきたいところです。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする