この地合いはまだ暫く続きそうな感じ

今日の日経平均は、+12円の18797円で続伸。

今日は小高く始まったのですが、その後売られて午後には一時マイナス圏に落ちたのですが、引けにかけて戻り歩調となり、小幅高の水準で引けました。

20150227.gif

今日は指数は小幅ながらもプラスだったのですが、値上がり銘柄数 < 値下がり銘柄数だったので、実質的にはマイナスだったかと思います。

ただ、売買代金は前日よりも増加して3.0兆円となり、2/12以来に再び3兆円台にのせてきました。


売買代金が増加傾向にある点や、最近の動き方からすると、やはり相場の地合いとしてはかなり強くなってきているのだと思います。

そう考えると、2/21の記事で、直近の安値=16592(1/16)から35日目(両端入れ)あたりが第一の警戒ポイントとなってくるのではないかという事を書きましたが、それだとタイミング的にはちょっと早すぎるような感じがします。

16592(1/16)から35日目というのは翌週の3月6日(金)になるのですが、今の地合いから考えるとそこで動きがストップするとはちょっと考えられません。

今回の戻りは16592(1/16)から始まってはいるのですが、上げ方にスピードが出てきたのは2月に入ってからだと思います。

今回の上昇相場の主役で、ここのところ売買代金上位の常連になっている三菱UFJの動きをみても、本格的に上げ始めたのは2/4からになります。

以上のように考えると、戻りの起点は16592(1/16)というよりも、17271(2/3)と考える方が妥当ではないかと最近思えるようになってきました。

17271(2/3)から35日目というのは3/24となります。

よって、第一の警戒ラインとしては3月の上旬ではなく、下旬辺りを対象候補として考えるというスタンスで見た方が良いのではないかと思っております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする