大台にのる前の調整の動きか?

今日の日経平均は、▲11円の18815円と小反落でした。

売買代金は前日よりも多少増加の2.4兆円台でした。

20150303.gif

今日も寄りは高いがその後売られる展開で、これで3日連続の陰線となりました。

騰落銘柄も値上がり672銘柄に対して、値下がりが1058銘柄なので、指数以上に実態面は冴えない感じだったかと思います。


指数は、先週の木曜日から3日続伸して本日小幅ながら反落となっていますが、先週の金曜日も値下がり銘柄は1,000を超えていたいので、実質的には3日間停滞ということになるかと思われます。

なお、これまでの手口面では個人の売りに対して、外人が買い向かうという図式が続いてきております。

本日発表された信用取引の残高をみても、売り残は6週連続での増加となっているのに対して、買い残は6週連続での減少となっており、先週までの段階ではまだ個人は買い越しとはなっていない感じです。

個人が買い始めてくると警戒信号が灯るという事になるのですが、先週までの段階ではまだ、そのような動きは見られません。

よって、ここでの動きは、日経平均19,000円の大台にのる前の調整の動きとなるのではないかと考えております。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする