油断はしないながらも、過度に警戒もしすぎない

今日の日経平均は、+194円の19754円と続伸。

売買代金は前日より減少して2.4兆円台でした。

20150323.gif

本日は上昇してスタートし、後場寄り直後に日中の高値をつけた後は高値圏で一進一退となりました。

本日のザラバ高値は19778円なので、2万円の大台到達まであと200円弱の水準まで上げてきました。


今週は木曜日に権利付きの最終日を迎えます。

2万円の大台が近づき、また、権利取りの買いもそこで一巡する事から、当初はその前の段階でポジションを軽くする必要もあるかと考えていました。

が、今の流れからするとそこで一旦小休止するかもしれないのですが、ピークアウトするのはまだのような感じもします。

これまで書いておりますように、日柄的な観点から、今週~来週にかけてを高値警戒の時期として一応、見てはおります。

しかし、もしもここからプチバブルっぽい動きになってくるようであれば、セオリー的な考え方は通用しなくなるので、日柄的な観点から高値警戒の時期を想定するのは難しくなってきます。

例えば、昨年の5月~9月にかけて見られたようなレンジ相場っぽい時は、日柄的な観点から高値警戒の時期を予想するという事ができたりするケースもあるのですが、今のような上げ潮相場になっている時は、そのような観点から予想することは極めて困難になってきます。

よって今のような状況では、自分で勝手に予想して動くのではなく、暫くは流れについていくというスタンスで見て行くのが良いような感じがしています。

もちろん、外部環境が大きく変化したり、指標面で超過熱を示すような状況になれば早めに降りた方が良いと思うのですが、今のところはまだ変化するような兆しは見られず、また、やや過熱気味ではあるものの、超過熱というところまでには至っていないと思います。

現在は既に安心して見ていられるゾーンにはないのですが、かと言って、過度に警戒しすぎるのと早降りとなってしまう可能性もあるので、「決して油断はしないながらも、過度に警戒もしすぎない」という、やや矛盾するようなスタンスで、暫くは相場動向を見て行く必要があるかと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする