権利落ち後にどう動いてくるのか

今日の日経平均は、▲40円の19713円と反落。

売買代金は前日より増加して2.7兆円台でした。

20150324.gif

今日は小幅ながらも反落でした。

下落したところで売買代金が増加するところをみても、相場の地合いとしては強いのだと思います。


ただ、上げ続ける展開ではなく、上げたら適度に下げる展開となっていますので、バブルっぽい感じにはまだなっていません。

適度に小休止を挟んだ方が相場の過熱は防げるので、こういう展開もありかと思うのですが、もう少し勢いがついてきてくれた方が面白い感じにはなってきます。

なお、今週の注目点は26日の権利落ち後、果たして相場はどう動いてくるのかという事になります。

セオリーから考えると、権利落ち前まで高いという事になるのですが、もしかすると逆の展開もあるのかもしれません。

バブルの時等は、権利落ち後、新年度入りしたので動きやすくなった機関投資家が動いてくるという事もありました。

今年はどのような動きになってくるのかわかりませんが、権利落ち後にどのような動き方をしてくるのか、注目したいと思います。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする