今週末の米国雇用統計はけっこう重要かもしれません

本日の日経平均は、+125円の19411円と反発。

売買代金は前日より減少して2.3兆円台でした。

20150330.gif

本日の日経平均は寄付き後に一時マイナス圏内に落ちる事もあったのですが、その後は切り返して後場寄り後に19474円の高値をつけました。

その後はやや戻されて、最終的には125円高でクローズしました。


夜間に入っても日中の戻り地合いは継続しており、日経平均先物は一時19580円をつけるところまで上げています。

現状では16592(1/16)からの上昇波は19778(3/23)でトップアウトしている可能性もあると考えているのですが、もしかすると、まだこの上昇波は継続しているのかもしれません。

なお、この動きが継続するかどうかのカギは、NYが握っていると考えています。

先週の半ばまで日本株はNYの動向に殆ど左右されない極めて強い動きを続けていたのですが、先週の木曜日から少しその状況に変化が見られ、今はNYの影響を受けやすい本来の地合いに戻っているような感じがします。

そのNY市場なのですが、昨日の記事でも書きましたように、主要な指標(NYダウとsp500、ナスダック)において高値をつける時期が異なる等、トレンド転換を匂わせる動きが見られるようになってきています。

主要な指標が再度高値をとってくる等して、近いうちにこの動きが解消されるようであれば問題ないのですが、そうならない場合は、NY市場における天井うちの可能性が高まってくると思います。

そういう意味においては、今週末の米国雇用統計はけっこう大事なポイントになってくると見ています。

これまで堅調だったNY市場に変調が兆しが見られるようになったのは、先月の3/6の雇用統計以降からだと思います。

そこから1か月経過して、改めてここでどのような数値が出てくるのか。

ここで出てくる数値如何によっては、市場が大きく左右される可能性は高いのではないかと考えております。

スポンサーリンク

本気で成功したい人のための「中長期投資マニュアル」  ー中級者向けー
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする