日経平均2万円の大台到達まであと一息

本日の日経平均は、+147円の19938円と3日続伸。

売買代金は前日より減少して2.3兆円台でした。

20150409.gif

本日も続伸してスタートし、終始強い展開でした。

後場寄り後に19957円を一時つけ、いよいよ大台乗せなるかと思ったのですが、残念ながらそこから先にはいけませんでした。

ただ引け値は19938円と、本日の高値圏でのクローズとなりました。


今日は日経平均は強い展開だったのですが、日経平均の上昇率0.75%に対して、TOPIXはその半分程度の0.36%にとどまりました。

値上がり銘柄数も786で、値下がり銘柄数938を下回りましたので、指数ほどには実態は強くなかったのかと思います。

今日は先物主導での展開だったとみられます。

さて、大台到達までとうとう100円を切る水準まで上げてきました。

現状夜間で日経平均先物は大きく動いていませんが、いよいよ明日念願の大台超え達成となるのでしょうか。

なお、海外市場では香港のハンセン指数が昨日の3%超えの上昇に続き、今日も2.7%の上昇で、爆騰状態となっています。

もっともハンセン指数は高値をつけた後は伸び悩み、長い上ヒゲをつけた十字線っぽい足で引けているので、目先頭打ちとなるかもしれません。

ただ、この動きはバブルっぽい感じの動きになりますので、この動きが日本市場にも波及してくれないかと思います。

なお、大台到達後、目標達成から頭打ちとなるかもしれないのですが、今の感覚では下がってもすぐに切り返し、再度2万円台を回復してくるのではないかと考えています。

2万円が当面の天井になるというよりは、もう少し上の水準があるような感じがしています。

ただこれはあくまでもイメージなので、イメージとは異なるような動き方をしてきた場合は、改めてスタンスを見直す必要も出てくるかと思います。

いずれにしろここからは、相場の動きを見ながら臨機応変に状況を判断していく局面に入ってくるのではないかと思います。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする