終値ベースでの大台乗せは来週に持ち越し

本日の日経平均は、▲30円の19908円と反落。

売買代金は前日より増加して2.7兆円台でした。

20150410.gif

本日は寄付きから続伸してスタートし、寄り直後に20006円をつけ、ザラバベースでとうとう念願の大台乗せとなりました。

しかしその後は目標達成感などから反落し、一時19835円まで売られました。

そこから切り返し、再度高値トライを目指すかと思われたのですが、大引けにかけて失速し、結局小幅安での水準で引けることになりました。


本日も昨日と同じような感じで、日経平均の下落率0.15%に対して、TOPIXの下落率は0.29%と、昨日に引き続き日経平均優位での展開でした。

一度売られた後切り返して、引け値ベースで2万円の大台を回復するかと思ったのですが、残念ながらそこまで戻り切れませんでした。

そういえば、菅官房長官が一時2万円をつけた事について、「よくここまで来たものだなという思いがする」と発言されていたそうです。

19,000円に乗せた時は「アベノミクスが評価されての事だと思う」で、20,000円に乗せた時は、「よくここまで来たものだ」だったので、ここから仮に21,000円に乗せるような事があれば「まさかここまで来るとは思わなかった」とか、「思えば遠くへ来たものだ」等という発言になったりするのでしょうか。

まあ、どうでも良いことですが。

なお、本日の動きを受けて、甘利明経済再生相は「ミニバブルは歓迎」と発言しています。

2万円にタッチするような動きとなりつつも、昨日、今日と、値上がり銘柄数より値下がり銘柄数の方が多く、全面高っぽい感じでの展開にはなっていないので、今一つ盛り上がりに欠けます。

終値ベースでの大台乗せは来週以降に持ち越しとなりましたが、こうなったらここから上げが加速して、甘利明経済再生相が言うような「ミニバブル」っぽい動きとなってくれないかと思います。

そうなる動きを期待しつつ、来週以降の相場の動向を見て行くところになるかと思っています。

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする