高値警戒で見ているというスタンスに変化はなし

今日の日経平均は、+16円の19886円と小幅ながら反発。

売買代金は前日より増加して2.8兆円台でした。

20150416.gif

本日は午前中に一時100円以上下落する場面があり、一時19742円まで下落しました。

しかしその後は切り返し、結局小幅安で引けました。


本日の日中の動きは一旦下落して切り返す、V字形の動きでした。

日経平均は一時昨日のザラバ安値19823円を下回ったのですが、今日も昨日に引き続きTOPIX優位の展開で、TOPIXは1582まで下げたものの、4/13につけた1578を下回ることはありませんでした。

逆に、TOPIXは、切り返しに転じた後、4/10につけた1596を抜けて、1599と戻り高値をつけて引けました。

TOPIXは、終値が1599なので、結局高値引けでクローズした形となりました。

TOPIXが高値をとっており、日経平均も下ひげをつけるかたちで引けています。

売買代金も今日は増えているので、この感じからすると、切り返しに入っているように見えなくもありません。

ただ今日は夜間でDAXの下げがやや大きくなっている事などもあり、日経平均先物は一時19770円まで下げる等しており、相変わらずよくわからない動きとなっております。

なお、4月の末に今月2回目の日銀会合があり、ここで追加緩和第3弾を打ち出してくるのではないかとする見方があるみたいなのですが、果たしてこんな高値圏で追加緩和をやってくるのでしょうか。

一部でそれを織り込んでいるとする見方もあるようで、仮に4月の末に追加緩和をやらないとしたら、外人が失望売りを出してくるという意見もあるみたいです。

まあどう動くかわかりませんが、高値警戒で見ているというスタンスに変化はありません。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする