よくわからない時は動かない

今日の日経平均は、+75円の20059円と反発。

売買代金は前日より増加して2.8兆円台でした。

20150428.gif

本日は反発してスタートし、前日比150円程度上昇する場面があったのですが、徐々に押し戻されて、小幅高でクローズ。

日経平均よりTOPIXの上昇率が高く、TOPIX優位の1日でした。


今日は休み前でイベント前でもあるので、商いが薄くなるかと思ったのですが、あにはかんらや、商いは前日より増加しました。

ただ、依然として2万円前後での動きとなり、方向性が見えるという感じではありませんでした。

やはり、まずは30日の結果を見極めてという事になるかと思うのですが、海外市場ではこれまで堅調だったDAX指数がやや軟調になってきており、遅行線も陰転してきています。

NY市場でも昨日、ナスダックがまた最高値をとってきたのですが、その後売りに押されて反落しています。

ナスダックが昨日一時高値をつけているのに対して、NYダウは3/2の18288が高値でそれを抜け切れていません。

という訳で、依然としてNY市場では主要な指数で高値をつけた時期が異なる、ダイバージェンス状態が継続しております。

このままNYダウが高値奪回ができないまま下落に転じると、調整幅が大きくなる可能性も出てきます。

NYが調整局面入りをすると、さすがに日本株もそれを無視して上方向に向かう訳にはいかなくなると思います。

ただ、30日の日銀会合でまさかの追加緩和をやってくるようであれば、上方向に向かわざるを得なくなります。

という訳で、何となく海外市場における雲行きがやや怪しくなるような感じもあるのですが、まだどちらともとれない状況にありますので、こういう時は無理をせず、様子見とするのが無難ではないかと考えております。

よくわからない時は動かないのが一番です。

動かなければ儲かりはしないのですが、損はしません。

損をすると、その損失を取り戻すのに、単純に考えて倍の労力がかかります。

株式投資の場合、百発百中は難しいので、成功するためには、いかに損失を少なくして利を大きくするのか、がポイントになると思います。

こういう時は様子見で、次に動けるような局面が来るのをじっと待つというスタンスが得策ではないかと考えております。

昔アニメの一休さんであった「慌てない、慌てない、一休み、一休み」です。(ちょっと古いので、知らない人は知らないと思うのですが……)

スポンサーリンク

▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする