日経平均は急落ですが……

今日の日経平均は、▲538円の19520円と大幅に反落。

売買代金は前日より大きく増加して3.4兆円台でした。

20150430.gif

本日は昨日の海外市場安を受けてマドを空けて下落してスタート。

その後、日銀会合の現状維持決定を受けて更に下げ幅が広がり、結局本日の安値圏での引けとなりました。


結局日銀会合はサプライズなしの現状維持でした。

今日は500円を超える下げとなり、下げ幅としては、今年の1月6日の▲526円以来の大幅な下げとなりました。

ただ、4/25の記事でも書きましたように、今日は元々注目日でしたので、今日の下落はある程度想定の範囲内だったかと思います。

このような動きに備えて4/24にロングポジションはすべて手仕舞いをしているのですが、まあ正解だったかと思います。

なお、昨日の段階では日銀会合で現状維持となったらショートしていこうかと考えていたのですが、結果が出る前から既にけっこう下げていたので、結局今日は特に動かずでした。

さて、今日の下げはまあよいとして、問題はここからどう動いてくるかです。

一応現状では、16592(1/16)からの上げが一旦ピークアウトしたら、やや大きめな調整に入ると考えております。

ただ、ドル円はやや円高にふれたとは言え小幅な円高で、大きく円が買われているという訳ではありません。

3/26につけた118.29円を割り込んでくると円高方向に進む可能性が高くなってくるのですが、今日の下値は118.47円なので、当該安値を割れるところまで下げていません。

NYも昨日は下げましたが、チャートが崩れるような動きはまだ見られません。

日経平均がやや大きめな調整に入るとした場合、他の指標も崩れてくると思うのですが、今のところそのような動きは見られません。

日経平均先物も夜間に入り一時19380円まで下げたのですが、現状では19560円程度まで戻ってきています。

という訳で、今日は大幅下落となったのですが、これがこれからやや大き目な調整の動きに発展するものなのか、それとも通常レベルの調整で終わるものなのか、現状ではまだよくわかりません。

明後日から連休に入るという事もありますので、取りあえずノーポジで様子見というのが現時点におけるスタンスとなります。

スポンサーリンク

100年に1度の投資チャンスが来た!  ユダヤ金融資本はトランプに何をさせるのか!  手にとるようにわかる本
▼以下2件ランキング参加中。記事投稿のモチベーションになりますので、応援宜しくお願いします。
  

▼おススメ記事
⇒  高利回りが期待できるソーシャルレンディングのメリットとデメリットを鑑みて、ラッキーバンクに口座開設をしてみた

⇒ 確定拠出年金はメリットが多いと思うので、SBIの確定拠出年金(401k)に加入する事にしたという話

⇒ ふるさと納税は自己負担ゼロどころか、実質的にお金をもらってお礼の品をもらう事もできるので、利用しない手はない 

⇒ 現物株式の手数料が安い証券会社は?

⇒ 日経平均先物取引で手数料、証拠金が有利な証券会社は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする